充電できるMacBook用 USB-Cハブ THE KADI PORT買ってみました。

【スポンサーリンク】

yukimi0721.hatenablog.com

前回MacBookを買ったのですが、充電しながらUSBが使える評判のいいハブがなく困ってました。
アップル純正は高いから買いたくないし、その他の製品はAmazonのレビュー見るといまいちなのが多い。

最近海外では発売されてるTHE KADI PORT - ADAPTER FOR MACBOOK 12が日本のAmazonでも買えるようになったのでためしに買ってみました。
約6000円だから純正より安い。

www.kickstarter.com
fmdx.tech

開封

中にはペラペラの保証とかの説明の紙と次回通販で使えるクーポンコードみたいなのが入ってるだけでした。
使い方の説明は特に無し。

f:id:yukimi0721:20160904161527j:plain
f:id:yukimi0721:20160904161551j:plain
f:id:yukimi0721:20160904161349j:plain
f:id:yukimi0721:20160904161330j:plain


ついてるコネクタはこれ
・USB TYPE-C x2
USB3.0 x1
HDMI x1(4K対応)
(USB-Cでカミナリマークある方はACアダプタからのコードをつかぐ為のコネクタです)
f:id:yukimi0721:20160904160803j:plain
f:id:yukimi0721:20160904160750j:plain

接続

MacBook 12と合体する形状なので、見た目はスッキリしてる。
ケーブルを差し込むときに本体と接続したままだと抜き差ししにくいのが難点
個人的には本体と合体しないタイプの方が好き。
MacBookに保護のクリアケースとかつけてると差し込めない。
f:id:yukimi0721:20160904160814j:plain
f:id:yukimi0721:20160904160730j:plain

色々テストしてみる

・OSはWindows10
HDMIへディスプレイ接続(FULL HD)
・USB-Cに Ankerの USB-C to 3-Port USB 3.0 Hub をつないで、ポータブルHDDを接続
(その他マウスやカードリーダー等接続)
・KADI PORTのUSB3.0ポートにUSB変換基板(バッファローHDDを分解)経由でSSDを接続

f:id:yukimi0721:20160904150908j:plain
f:id:yukimi0721:20160904183826j:plain

USB3.0ポータブルHDD→USB3.0-SATA変換SSDへファイルコピー

世の中にはSSDと相性があるUSB-Cハブがあるらしいので試してみる。
Transcend 2.5インチポータブルHDD(TS2TSJ25M3B)からUSB3.0-SATA変換基板経由でSSD(Kingston SSDNow V300)へデータコピー

大きいファイルだと、だいたい110MB/sの速度でコピーできる。
300GBくらいコピーさせたが問題なし。

f:id:yukimi0721:20160904191532j:plain

SSDベンチマーク測定

USB3.0ポートに接続したSSDのベンチ測定
f:id:yukimi0721:20160904191258j:plain

SDカードリーダー

Transcend USB 3.0 Super Speed マルチカードリーダー TS-RDF8K接続してデータコピー
世の中にはSDカードリーダーと相性があるUSB-Cハブがあるらしいので試してみる。
特に問題なし。

クラムシェルモード

OSXだと何も設定しなくても使える。
Windowsだと電源管理で本体を閉じた時スリープしないよう設定必要
f:id:yukimi0721:20160904160511j:plain

使用チップはGenesys Logic, Inc.

Macでシステム情報のUSBのところで見れます。
f:id:yukimi0721:20160904230305j:plain

感想

少し使ったが問題なかったしめっちゃ良いねこれ。
コネクタ抜けそうなのが気になるのが難点だけどそれ以外は不満がない。

広告を非表示にする